ネパールへ文房具を届けにやってきた。

(Fri)

Posted in ネパールの田舎の学校へ

前日、峠をいくつも越え苦労してやってきた。
物資を歩いて運ぶのは、本当に大変。
今回も、何度もあきらめたくなったが
なんとか、村まで運ぶことができた。

僕らはみんなの待つ学校へむかう。

ネパール



徒歩で学校へむかう。

ネパール



この瞬間、感極まってきてよかったと感じる。


ネパール




ネパール



先生代表スピーチ。


ネパール



持ってきた物資を1人1人手渡しで
気持ちをこめて届ける。


ネパール




彼らのサポートがあって、この村までやって来れた。
ありがとう、ルドラ。


ネパール



みんなで記念撮影。
この瞬間、またネパールに物資を届けに行きたいと思う。
いつも大変で、もう無理って思うけど。笑)


ネパール



ネパール



先生に遊具などを手渡した。


ネパール



ネパール





ネパール



ダルバート



ネパール



本当に、歩いて物資を届けるのは
大変な道のりだけど、できる限り精一杯続けていきたいと思う。


ネパール


◆ブログランキングに参加しています◆


この旅日記をみて、
インド行かへん?旅日記のランキングが気になる人、
他の旅行ブログが気になる人、
一緒に旅に出たいと思ったひと。
ポチっとお願いします(笑)
↓↓
にほんブログ村 インド旅行

読んでくれてありがとうございました(^^)
スポンサーサイト

片道徒歩5時間の村へ

(Tue)

Posted in ネパールの田舎の学校へ

今回はカトマンズで
旅行代理店アティティツアーズを
営んでいるスディールさんの
生まれ故郷近くの村へ行くことになった。


早朝7時バスに乗る。

バスに乗る(ネパール)



約2時間のバスの旅。
途中で降りスディールさんの親戚の家に
到着。

田舎の村へ




今回行くむらは、まったく車が入らない
場所にあったので、援助物資を
それぞれのバックパックに入れて
手わけして運ぶ。

田舎の村へ



山頂にあるスディールさんの母が住む
村に到着。
お母さんの手料理ダルバートを
御馳走になりました。

ダルバート



ホームステイ(ネパール)



ちょっと休んだ後、子供たちが待つ村へ

田舎の村へ




山をひとつ超えると目の前には
雨期で増水した川が目の前に…

目の前に川が現れた。




まさかと思ったけど、渡ることに
なりました。(笑)

川を渡る。



対岸には学校の生徒や先生が
数名迎えに来てくれてました。

さらに次の山を進みます。

歩き始めて5時間。
目的地の学校に辿り着いた。

この瞬間、感極まって
涙がでた。

学校に到着




今回、訪れた学校には約400人の
生徒が通っている。

もちろん電気もなく車すら入らない
山奥の地。

この学校は17年前に作られたが
僕らが始めて来た外国人のようだ。

学校に到着



今回もボール、バレーボールネット、
バトミントンセット、カロムボード、文房具
その他いろいろ…
みんなで手わけしてして運びました。

本当に重たかった。
途中なんども捨てようと思いましたが
捨てなくてよかった。(笑)

届けた援助物資




参加者代表演説。

宴が続く。


代表演説。



学校にて


参加者踊る。(ネパール)


鉛筆と消しゴム、鉛筆削り、ノート、ボールペンのセットを一人ずつ手渡しで配る。

文房具(ネパール)



すべて手渡しで。ネパール



生徒と記念撮影(ネパール)



みんな家路に(ネパール)



今日が終わる。
よっぽど嬉しかったのか
生徒が帰った後も先生の宴は続く。

夕焼け(ネパール)




空を見上げればたくさんの星が広がる。
先生たちの宴は朝4時まで続いたようだ。

満点の星空(ネパール)


雲海(ネパール)


僕らの旅は続く(ネパール)


今回も、たくさんの笑顔に出会えた。

毎回、行ったことのない辺境の学校を
訪ねているけど
また次もどこかの村へ行けるといいなぁ。

お店が続く限り、この活動は継続したいです。



◆ブログランキングに参加しています◆


この旅日記をみて、一緒にネパールの田舎の村へ行ってみたくなったひと
インド行かへん?旅日記のランキングが気になる人、
他のインド旅行ブログが気になる人、ポチっとお願いします(笑)
↓↓
にほんブログ村 インド旅行

ネパールの山間の学校へ

(Sun)

Posted in ネパールの田舎の学校へ

朝6時カトマンドゥから約4時間かけて北西にある町ダーディン目指す。





ダーディンには無事に着いたけど
今は乾季なのに、超タイミングが悪い大雨。
この先、ジープで行く予定だが悪路のため
予定を変更して1泊することに。






ダーディンにて。





ダーディンでのダルバート(ネパールのカレー定食)約100円







翌日、なんとか出発。かなりの悪路でヒヤヒヤしました。









昨日の雨の影響か?綺麗な雲海が広がります。






目的地のチョーロンゲェ村(超ロンゲではないよ)まであと少し。








無事に到着。






タマン族の村チョーロンゲェでは村祭り(儀式)が行われていました。






さっそく持ってきた物資を振り分けます。
今回行く学校は2箇所。
全部で700人の生徒がいるそうです。
今回はボールなど遊具の数を増やしました。






学校までは10分もかかりません。






学校到着。





小さな子供たちが迎えてくれました。







今回、届ける文具セット。喜んでくれるかな?






一枚ずつ手渡しで。






めっちゃうれしそうです。







42918420_967333362s.jpg










お世話になる家に戻ると、たくさんの人が
村祭りを楽しんでいます。(昼ごはん食べてました)




食後、次の学校を目指します。500人の生徒がいるみたい。




途中のチョウタラで一休み。



コットンジーにある学校に到着。物資を並べてみました。
この学校の希望は遊具をいっぱいとのことだったので
ノートなどの文具をやめて、遊具をたくさん購入しました。
42918420_3785512362s.jpg




校長先生に渡します。




残念なことに周辺の村は村祭りで学校が休校とのこと。
子供たちの姿はなかったです。
なので先生と学校について談笑しました。




近くに住む子供たちが集まってきました。
42918420_3037358164s.jpg




僕らがお世話になる村に戻ります。
42918420_2569018932s.jpg




村に帰ると、宴会をしていました。
村の女性たち。(タマン族)




みんな酔っ払い。朝から酔っ払っていましたが
一日踊り続けます。
楽しかったです。



夜になると空に満点の星空。
前日の大雨で空が綺麗に浄化されたみたいです。



42918420_1352167404s.jpg



朝、今日もヒマラヤと雲海が綺麗にみえました。



今日も旅が続きます。







◆ブログランキングに参加しています◆


この旅日記をみて、一緒に援助物資を届けたいって思ったひと
インド行かへん?旅日記のランキングが気になる人、
他のインド旅行ブログが気になる人、ポチっとお願いします(笑)
↓↓
にほんブログ村 インド旅行

約700人分の文房具を村に届ける。

(Mon)

Posted in ネパールの田舎の学校へ

ネパールの田舎の悪路を乗り越えて写真のような学校に行ってきました。

全部で3つの学校で全校生徒700人。

毎度のことながら、子供の笑顔に癒されました。
また、来年も必ず行きたいです。

今回届けた文房具などのデータ。
ボールペン700本 
鉛筆 700本
鉛筆削り 700個
消しゴム 700個
縄跳び 6本
ボールの空気入れ 3つ
ボードゲーム 9個
バレーボールネット 3つ
バトミントン 6個
バトミントンの羽 24個
バレーボール 6個
ノート 700冊
カロムボード 3つ
サッカーボール 6個
タンバリン 3つ
マダル(ネパール太鼓) 3つ

朝6時に宿を離れローカルバスでカトマンドゥからまずバネパへ。
その後バスを乗り換えて13時に目的地チャパホリへやってきた。
子供たちが、いまかいまかと待っていてくれた。



子供たちと一緒に学校へむかう。



チャパホリの学校は校庭がめっちゃ広い。



生徒が集まってきた。



先生、緊張しすぎてスピーチの声が
裏返っていた。笑)



小さな生徒から一人一人手渡しで
ノートと鉛筆、ボールペン、消しゴム、鉛筆削りの5点セットを
配る。



男の子はボールがうれしいみたい。
配った後、さっそくボール遊びに夢中になっていた。



チャパホリの学校で記念撮影。
今日は150人ぐらいの生徒が休んでいた。
というよりは、お腹が減って帰っちゃったらしい。笑)



次の学校に向かうが現在16時。
もう学校には生徒がいないかも…。



景色がすばらしく綺麗。



山道は、体に、こたえますが
景色には感動です。



次の学校がある村ドゥルクに到着。
17時までは待っていてくれたそうだけど
僕らの到着は18時でした。
なので明日朝7時に学校へ行くことになりました。
ドゥルク村でも、たくさんの子供が集まってきました。



この村は電気がありません。
電気のありがたみが、身にしみます。

晩御飯は、歓迎の意を込めて鶏をご馳走してくれました。
空には満点の星空。流れ星もたくさん
流れていました。



朝6時、チャイで一息。
今から2つの学校に行きます。



ホームステイ先から徒歩10分のところにある
ドゥルク村を学校へ。
全校生徒約210人。



ドゥルク村に寄贈する文房具など。
210人分。



校長先生がスピーチしています。



この村でも一人一人手渡しで
5点セットを配ります。
子供は、本当にかわいいです。



じつは、今日はネパールでいう祝日。
学校は休みだけど、村にはじめて文房具を持って現れた
外国人の僕らのために、ほぼ全校生徒が朝7時に学校に来てくれました。



ホームステイ先のおばぁちゃん。81歳だそうです。
ホームステイ先のおばぁちゃん81歳

若い。


じつは、山を越えて3つの学校へ行ったのですが
これがかなりの悪路で(徒歩です)
山頂に戻ったときに、唯一のオアシスで
このジュースをみつけて2本も飲んでしまいました。
生き返りました。笑)



3つ目の学校クスバスに到着。
朝9時ぐらいから待っていてくれたようです。
休日なのに、申し訳ない。
ちなみに到着時間は昼の14時。



先生がスピーチ。いろんなイベントを企画していてくれたようですが
僕らは今日中にカトマンドゥに戻らなくてはいけないので
ショートカットしてもらいました。
37807940_1056489553s.jpg




校長先生にバレーボールネットを渡します。
ここから、バレーボールの選手が生まれるかも!
37807940_883642315s.jpg



クスバスの生徒と記念撮影。
37807940_2463150969s.jpg




今から16時発のバスが止まる村まで
2時間かけて歩きます。



クスバスの生徒が見守っています。
37807940_2234409676s.jpg






道中は長いですが、また来年もどこかの村に
子供の笑顔を観に行きたいです。



途中、チョウタラがいくつかありました。
37807940_1849989960s.jpg






とうもろこし畑を通り過ぎます。
37807940_3901352383s.jpg







なんとか16時半にバス停に到着。
カトマンドゥに戻ったときは、みんな
ヘロヘロでした。
きんきんに冷えた炭酸ジュースで乾杯です。





今回訪れた3つの学校の写真です。(mixi)




◆ブログランキングに参加しています◆


この旅日記をみて、ネパールに援助物資を届けたくなったひと♪
インド行かへん?旅日記のランキングが気になる人、
他のインド旅行ブログが気になる人、ポチっとお願いします(笑)
↓↓
にほんブログ村 インド旅行

電気のない村へ行く

(Thu)

Posted in ネパールの田舎の学校へ

0 Comments

僕らはホーリー後に

カトマンドゥからバスで1時間半、その後バネパでジープに乗り換えて

f:id:ryusaiogushi:20090314085520j:image



道なき道を約4時間、取引先のアルトマンさんの村へやってきた。

ここは、電気がまだ通っていない村。

僕らは一つ目の学校へ辿り着く。

f:id:ryusaiogushi:20090314121733j:image



f:id:ryusaiogushi:20090314121945j:image


子供たちが僕らが来るのを、首を長くして待ってくれていた。


f:id:ryusaiogushi:20090314132009j:image


全校生徒約100人に、鉛筆と消しゴム、ボールペン

鉛筆削り、ノートの5点セットを手渡しで配った。

ここはタマン族の学校でした。


f:id:ryusaiogushi:20090314140918j:image


ちょっと疲れたので今日のホームステイ先へ

家庭の味の肉つきダルバートを味わう。


f:id:ryusaiogushi:20090314135457j:image


家の近くにある、立派なチョウタラ。


f:id:ryusaiogushi:20090314150552j:image


2つ目の学校はホームステイ先から山道を20分下る。

僕らの休んでいる間も、みんなお花を用意して待ってくれていた。

ちなみに今日はネパールでいう休日ではあるが

僕らを歓迎するために、わざわざ学校まで来てくれたのだ。

中には2時間ぐらいかけて通学している生徒もいるようだ。

ここは、モンガル族の学校。

カーストで分けられているようだ。


f:id:ryusaiogushi:20090314153420j:image


これが全校生徒。9人ほど、家庭の事情でこれなかったようです。

子供は、みんな家の農業を手伝っていて学校どころでは

ない子供も多い。


f:id:ryusaiogushi:20090314161536j:image


今回、泊まった村。

山の上にあり、景色が、かなり綺麗でした。

また、数年後、訪れたいです。


f:id:ryusaiogushi:20090313213843j:image

そして、今回届けた文房具など。

約16000円分で2つの学校の生徒に(約200人)

手渡しで援助物資を届けることができました。

ネパールは教育が、すごく遅れていると思う。

もっと、勉強する機会が、子供にあれば

もっと、素晴らしい国に生まれ変わると僕は思います。

なので、今後も続けていける限り、いろんな村を訪ねたいです。

村を案内してくれたアルトマンさん、ありがとう。

今回も、とってもいい子供の笑顔に出会えました☆

次は、いよいよ幸福の国ブータンです!!

行ってきます~




◆ブログランキングに参加しています◆

この旅日記をみて、ネパールの田舎の村へ援助物資を届けたいって思ったひと♪

インド行かへん?旅日記のランキングが気になる人、

            

他のインド旅行ブログが気になる人、ポチっとお願いします(笑)

            

↓↓

にほんブログ村 インド旅行

これからも旅情報書いていきます~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。