死海は本当に浮く

(Sat)

Posted in 中東

シリアの首都ダマスカスを離れ
セルビスタクシーでヨルダンの首都アンマンを目指す。

が、途中でエンジントラブルに見舞われる。



アンマンに無事に到着後、時間がないので
その足でぺトラ遺跡があるワディムーサ行きのバスに乗る。



翌日、ぺトラ遺跡へ。



入場料は高いけど、観る価値ある遺跡。




36966493_15267698s.jpg


36966493_1514065429s.jpg


36966493_1923570675s.jpg



中東は猫がめっちゃ多い。



壮大。そして暑い。
とにかく乾燥していました。



インドのラクダより小さい。







昼寝するためにビニールシートと食材を
持ち込み、いい洞窟をみつけて3時間ぐらい
お休みさせてもらいました。





ワディムーサからカラクへ移動。
カラクを拠点に死海を目指します。
が、直行バスないようで、ヒッチハイクになりました。
中東は親切なひと多しです。+



やっと、たどり着いた死海



本当に浮きました。
このあと、泥パックも泥を探してしました。笑)



死海に落ちる夕日。



帰りはトラックをヒッチしました。
本当に親切です。



居心地のよかった田舎町カラクを後にします。
僕は、田舎町が好きです。



首都アンマンで死海石鹸や泥パックを探します。
36966493_854632743s.jpg



ここでもチーズとオリーブは、大活躍。
本当においしかった。
36966493_3575583023s.jpg




この日の晩御飯。隣の人が頼んでいたものを
注文。美味しかったです。


昼ごはんに。豪勢でした。



1泊400円ぐらいの宿に泊まったのですが
イスラエル人のおじさんとお兄さんが、かなり僕らを
もてなしてくれました。
シュクラン♪
もちろん、宿のおじさんも、もてなしぶりには、感動しました。
中東以外の外国人旅行者は少ないのかな。


超行列のできていたお菓子屋さん。
頼んだお菓子にはチーズが入っていて、もちもちでした。



僕は、今バンコクにいて
今から帰国にむけて空港に向かいます。
最後の1週間も、いいたびができました。
また、日記で報告します。

帰国して、みんなに会えるのを本当に楽しみにしています。
あー1食目、何を食べよう!!




◆ブログランキングに参加しています◆


この旅日記をみて、死海に浮いてみたいって思ったひと♪
インド行かへん?旅日記のランキングが気になる人、
他のインド旅行ブログが気になる人、ポチっとお願いします(笑)
↓↓
にほんブログ村 インド旅行
スポンサーサイト

中東シリアとレバノンへの旅

(Thu)

Posted in 中東

トルコを後にした僕らはシリアにむかう。
アンタクヤでチャーターしたセルビス(乗り合いタクシー)で
何事もなくシリアにある町アレッポに到着した。

アレッポのスーク。
12732025974be387a5ea2c8_import.jpg


アレッポ石鹸物色中。なんと12星の石鹸発見!!
チョウタラに持って帰るのでお楽しみに。



アレッポ市内にて



シリアで最初の食事。めっちゃ安くて感動。
トルコが、あらためて物価が高く感じる。



アレッポにて、男の世界へ突入。
シーシャとアラビアンコーヒーを楽しみました。



泊まった宿の主人。かなり親切。
フルーツをくれたり、両替レートも、ありえへんぐらいいいレートくれたり
最高に、もてなしてもらいました。
ここに泊まっているのは、シリア人のみで
みんなからも、あたたかくむかえてもらいました。

そういえば彼は、最強にアンチアメリカを訴えていました。



シリアから陸路で隣の国レバノンへむかいました。
当初はベイルート行こうって思っていたけど
大都市は好きじゃないので田舎町であろう
ザハレという町に行きました。
ここは、フランスの影響をもろにうけた感がある町。
ワインも有名で、この町にある高級アラブ料理も絶品でした。

また、食べたい。
食後に、テーブルにあふれるぐらいの
種類のフルーツが並んだときは、会計が心配になりました。笑)
フルーツは無料でよかった♪



これがザハレの中心街。
ベイルートから45分ぐらいの町らしく
おしゃれなひとが、いっぱい歩いていました。
宿のほとんどなく、高価そうな宿に
行ってみると、いくらがいい?ときかれ
一人10ドルでお願いしてもらいました。笑)



スイートも絶品。
ほっぺが、とろけそうでした。
量のわりに安かった。



徒歩20分ぐらいのところにある
シャトークサラに行ってきました。
全長2キロもある洞窟でワインを保存しているようです。
このあと、無料の試飲があり
2本も買っちゃいました。
めっちゃ美味しいワインでびっくり。
赤ワインが5ドル。白ワインが8ドルでした。



これがシャトークサラの入り口。
ヒッチハイクも成功でした。笑)



レバノンから、その後シリアの首都ダマスカスへ移動。
車で1時間ちょっとで到着。
めっちゃ近い!!
この日の空は、見入ってしまうぐらい
綺麗でした。



ダマスカスの宿も魅力的な宿でした。
まったく英語が通じないけど
冷蔵庫、エアコン、風呂トイレ、ベランダ付で
ひとり500シリアポンド。(約1000円)

宿の屋上から外をみてみると
車の車線が…。
そう、手書きなんです。笑)



屋上からみたダマスカスの夕空。
綺麗でうっとりしました。



ベンガルさんの娘さんとダマスカスで逢いました。
翌日、一緒に有名なチキンを食べに行きました。



シャハバという町に行ってきました。
町?村?を歩いていると声をかけられ
家にお邪魔することに。

たまたま、ドゥルーズ教徒のひとの葬式だったみたいでした。

そこの家族に町にある遺跡を案内してもらったうえに
いろんなお店に案内してもらって
行く店行く店でシャイを飲め、コーヒーを飲め
これを食べろ、これをあげるよって感じで
もてなされまくりました。


マテというお茶。ちょっと変わった感じのお茶でした。



その後、また家にお邪魔になりました。
その家の子供たち。
空手が緑帯って言っていたよ。



ドルゥーズ教徒の、ご飯をご馳走になりました。
めっちゃ、美味しかったです。
36966493_2773705813s.jpg




シャハバの町並み。
すごく人々が親切で、あったかい町でした。
最後まで、家に泊まっていけと言っていましたが
それを断ってダマスカスへ戻ることにしました。



最後に記念撮影。
ほんまに心から親切でした。
心が、あったまりました。
36966493_846495103s.jpg




ダマスカスにある元鉄道駅。
今は本屋さんになっていました。



シリアの朝食。
これは、予想以上に美味しかった。
なんていうんやろ?名前わからず。
豆主体でした。



ダマスのスークで、めっちゃ並んでいたので
僕も、がんばって並んで食べたアイス。
ほんま美味しかった。
また、食べたい!!



最後にベンガルさんの娘さんを含めた4人で
カシオン山に登りました。
夕日が沈み、少しずつダマスカスの町に
灯がともり、最後には最高の夜景をみることが
できました。
登ってよかったです。
36966493_811469993s.jpg




シリアもレバノンも最高に人に、めぐまれていました。
また再度行きたい国が増えました。

イスラム圏、万歳です。


日本は寒くなってきたかな?
僕の旅も終盤です。
明日は、カタールへむかいます。




◆ブログランキングに参加しています◆


この旅日記をみて、中東へ旅立ちたいって思ったひと♪
インド行かへん?旅日記のランキングが気になる人、
他のインド旅行ブログが気になる人、ポチっとお願いします(笑)
↓↓
にほんブログ村 インド旅行

グレグレ トルコ!!

(Fri)

Posted in 中東

なかなかネットが普通にできる環境にいなかったので
やっとの更新です。
トルコのことを写真で伝えたいと思います。


僕らはインドのジャイプルからエアアラビアに乗って
イスタンブールに飛びました。

着いた先の空港は格安チケットだけあって
ガイドブックに掲載されている空港でなく焦りましたが…。
エアアラビア航空で日本人がめっちゃ珍しかったみたいで
コクピットに入れてもらいました。笑)
パイロットさんかっこよかったです。



イスタンブールにて



僕らは、スルタンアフメットの安宿街が、なじめず
もっとローカルな空気のとこを探して違うエリアに泊まりました。
そのローカル宿近くのロカンタ(安食堂)
いついってもサービス満点。
いつも、テーブルの上にいろんな料理を並べて食べました。
食べてもらえることが、うれしいようで、頼んでいない料理も
是非、食べてくれってサービスしてくれたり…。
チャイも飲み放題で一人300円から400円だった気がします。
美味しくお世話になりました。
トルコ人&トルコ料理万歳です。



トルコのシャイです。コップとソーサーがめっちゃかわいいです。



船上からみるイスタンブール。対岸にあるバスターミナルまで
チケットを買いに行きます。



朝食の定番。これで120円から180円ぐらい。
パン食べ放題です!!



深夜特急を読んでから、めっちゃ食べたかった
鯖サンド!!美味しかったです。約240円。



カッパドキア、ギョレメの町並み。
景色に癒されました。



ここらへんの地域の名物らしいです。
具沢山チキンの煮込みスープみたいでした。
めっちゃ会いたかった自転車で旅をしている二人に
ここで数年ぶりの再会をしました。
また、会おうね。次はエジプト!!



朝早く起きて、丘を登ると気球がたくさん!!
山口でみたユーフォーを思い出します…。



自転車を借りて隣町へ。



チャウシンという町にある丘を登ります。



チャウシンのチャイ屋さん。



その隣町のアヴァノスにてパンとオリーブとチーズを
買って川辺でお昼ご飯。
物価が高い国なので美味しい節約です。
あひるが、たくさんいました。



毎日、1食はパンを買ってチーズとオリーブで食べます。
オリーブとチーズ、心に残るぐらい安くて美味かったです。


かぼちゃの季節です。夜は寒かったなぁ。
ワインが美味しい町でした。




アダナという町で宿がみつからず、困っていたら
運送会社のソファーで泊まることに。
そして、警備員のおっちゃんが手料理をご馳走してくれました。



早朝、トラックの運ちゃんと警備員のおっちゃんと
記念撮影。居心地、予想以上によかったです。
トルコのひとはめっちゃ親切です。



ここが運送会社。



アダナにて朝、また違う会社の人に呼ばれて…



男料理的、朝食をご馳走になりました。笑)



そして、記念撮影。大柄な二人に連行されているようですね…。
36966493_3864856624s.jpg



そんなトルコともさよならです。
グレグレ。


今はシリアにいます。
イスラム教の国々は、行くたんびに思うんですけど
本当に親切でいつも、泣きそうなぐらい
感動を与えてもらっている気がします。
もちろん、シリアでもレバノンでも、そうでした。
明日からヨルダンです。
また、シリアについて日記書けそうだったら書きますね。


昨日、今回一生懸命買い付けたかわいい雑貨や帽子、ショールなどが
チョウタラに入荷したみたいなので
週末、足を運んでみてください。






◆ブログランキングに参加しています◆


この旅日記をみて、トルコで美味しい料理をいっぱい食べたいって思ったひと♪
インド行かへん?旅日記のランキングが気になる人、
他のインド旅行ブログが気になる人、ポチっとお願いします(笑)
↓↓
にほんブログ村 インド旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。