サム砂丘にヤツが現れた。

(Tue)

Posted in 西インド

宿を朝の9時に出発し
目的地を目指す。
サム砂丘まで市内から約40キロ。
途中、遺跡のようなものを数ヶ所
訪れたが、対して興味なく
先を急ぐことにした。

僕らがラクダとの合流ポイントに到着したのが
約11時。

数分待っていると、ラクダがやってきた。

ラクダを待つ



キャメルドライバーの
ダニエルを中心にラクダに乗って
砂丘を目指す。

いざ出発。

ラクダに乗っていざ出発




2時間ぐらい乗って
木陰でランチをすることになった。

ランチタイム



ラクダの休憩しています。



木陰は気持ちいい


何時間、昼寝しただろう?
夕方、再びラクダに乗って先を目指す。


サム砂丘への道のりは遠い。



インド人女性と目が合う。




夕方、サム砂丘にやってきた。

サム砂丘にやってきた。



サム砂丘




満点の星空を期待していたが、
どうやら雨が降りそうな予感。

らくだ使いの少年とサム砂丘



このあと、ありえない豪雨。
小さな小屋にみんなで退避して
雨が止むことをひたすら祈る。
ガイドの少年は、砂を使った棒倒しに夢中だった。


僕らの願いは叶ったのか?
とりあえず、雨は止んだが
まだまだ空は雲で覆われている。

何もない、この砂丘でベットを置いて
一泊するようだ。


砂丘にベットを置く



もちろん、こんな天候では
夕日すら拝めなかった。





が、夜になって
雲が急になくなってきて…


空を見上げると、360度
満点の星空。


満点の星空



そして、無数の大きな流れ星。

ここ数日、雨の影響か?
晴れ間がなかったジャイサルメールだったらしいけど
願いが叶ったみたい。


アマノガワだろうか?
それらしきものもみえる。


ある一人の参加者が
UFOをみたいって言った数分後
目の前にUFOが現れた…


はじめは、いや星だろうって
いいきかせていたが、あきらかに
動きがおかしくて、瞬間移動を繰り返しては
不規則に動いている。

砂漠の真ん中で、隠れる場所もなく、守られるものがない
僕らは、かなり動揺したが
いつの間にか朝をむかえていた。

朝、目を覚ますと
砂丘のむこうのほうから
綺麗な朝日が昇る。

今日も一日が、はじまる瞬間。

サム砂丘に太陽が昇る


ラクダとサム砂丘と太陽




このキャメルサファリがよかった点は
やはりガイドのダニエルの人柄でした。
(イスラム教徒の彼のことだから偽名だろうけどね)

キャメルサファリのダニエル



彼、やたら乳首をみせてきて
僕らを笑わせてくれました。
(タンクトップをやぶってまでみせてくれた)

でているお腹には、子供がいるとか
この乳首は牛乳が出るとか
年齢は21歳とか、彼氏がいるとか…

ラクダ使いの人々



またいつかジャイサルメールに行きたいです。


ラクダとサム砂丘



ラクダとサム砂丘とラクダ使い





その後、僕らは
アーグラー、バラナシ、コルカタの順で
旅をしてる。

今は、コルカタ。
今日の夜の夜行列車で次の目的地を目指す。
行ってきます。


◆ブログランキングに参加しています◆


この旅日記をみて、サム砂丘に興味を持ったひと。
インド行かへん?旅日記のランキングが気になる人、
他のインド旅行ブログが気になる人、ポチっとお願いします(笑)
↓↓
にほんブログ村 インド旅行
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。