スポンサーサイト

(--)

Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラマナアシュラムへ行く

(Tue)

Posted in 南インド

ここはチェンナイ国際空港。
新しい旅の参加者が合流します。






空港から徒歩5分のところにティルサラムというローカル鉄道駅あり。
ここから30分かけて中心地エグモア駅へ向かう。
一人6ルピー(12円)






列車がやってきた。






これが、車内。






エグモア無事に到着。
今日は、泊まらずに、そのままバスに乗って
モフジール長距離バスターミナルへ
ちなみに駅前から27番Bに乗ると行けます。(約30分)
一人9ルピー(18円)






ここがモフジールターミナル。
ここからティルバンナマライ行きのバスに乗る。
エアコンありバス164ルピー(328円)約3時間半
エアコンなしバス60ルピー(120円)約4時間半






ティルバンナマライ到着後、オートリキシャーに乗って
ラマナマハルシのアシュラムへむかう。
(乗り合い一人10ルピー)

ここには、聖者ラマナマハルシのアシュラムがあり
ちょうど1年前にも訪れ、とても神秘的な空気が漂っていたうえに
ご飯が、めっちゃ美味しいので再訪することにした。
その美味しいご飯は、宿に含まれている。
3食付で一人200ルピー。(約400円)
ちなみに、ここ。






こんな感じでみんなで、ご飯食べる。






野菜の旨味満点のミールス。
南インドで一番と勝手に思っています。笑)
毎食メニューが変わり、飽きない味。






ラマナアシュラムには孔雀やサルがいっぱい。
アシュラムの屋根の上で孔雀が羽を広げているのに
みんな注目。






アシュラムから聖なるアルナーチャラ山へ行くゲート






山頂近くまで徒歩30分の道のり





ラマナマハルシが瞑想していた洞窟の手前にある
ポイントが僕は好き。
なんでも、この山はすべてのエゴを吸収してくれるらしい。
この山に登ると、なぜかスーッとする。







あまりにも景色がいいので翌日は
朝早く起きて朝日を拝みに行った。
やはり、運がいいみたい。
雲が多かったけど、朝日が出る瞬間は雲がなくなった。






彼がが聖者ラマナマハルシ。
とても目が優しく吸い込まれる。







きっと、また来たい。
というか、来ます。
僕らの南インドへの旅は、まだまだ続きます。










◆ブログランキングに参加しています◆


この旅日記をみて、アルナーチャラ山に登って邪気を取り払いたいって思ったひと
インド行かへん?旅日記のランキングが気になる人、
他のインド旅行ブログが気になる人、ポチっとお願いします(笑)
↓↓
にほんブログ村 インド旅行
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。